なぜ涸沼か?

関東のシーバス釣りではメッカと呼ばれることの多い涸沼は
シーバスのストック量も段違いです。

5-10月までの比較的長い期間でシーバスが狙えるのもお勧めポイントです。

初心者でも十分に釣果を狙えるエリアだと思います。

場所と駐車場は?




涸沼は茨城県の鉾田市と東茨城郡の茨城町、大洗町の3つの都市にまたがっています。

非常に大きいフィールドですが、その中でも初心者に特におすすめしたいエリアが

「網掛公園」
〒311-3137 茨城県東茨城郡茨城町大字網掛



公園の駐車場を利用することが出来るので、周辺の地理に詳しくなくても簡単にアクセス
することが出来ます。

網掛公園周辺だけでもかなり広い範囲をランガンすることが出来るので初めて涸沼で
シーバスをやるのであれば特におすすめできるエリアになります。

タックルは?

ロッド
シーバスロッド 8-9ft前後
シーバスではプラグ(ハードルアー)
を使った釣りが主流になるので(ワームの人もいますが)
専用ロッドの方が幅広いルアーを使えるので
これから購入を検討されるのであれば
専用ロッドをお勧めします。
安いのであれば5000円位から実用レベルのロッドを買うことが出来ます。


リール
3000~4000番のスピニングリール
シーバスでは大物が掛かったときにしっかりキャッチできることが重要で
特にリール性能が重要になってくるので
ドラグ性能がしっかりしているリールを選びましょう。
ワゴンセールのリールとなるとかなり厳しいと思います。

それでもダイワやシマノでも6000円以上のリールであれば
十分だと個人的には思います。


ライン
PEラインの0.8-1.0号
シーバスフィッシングでは飛距離と感度が高いラインが有利となるので
PEライン1択となります。

リーダー
フロロカーボンの4-5号
PEラインは強度はありますがスレに弱く、障害物等に擦れるとすぐに切れてしまう
デメリットがあるので
PEラインの先にショックリーダを結ぶのが一般的です。
ラインとリーダーを結ぶのが初心者は慣れるまで大変と思いますが
頑張って覚えましょう。

ルアーは?

シーバスは狙い方によってルアーの使い方が大きく変わってくるので
一概にどのルアーがお勧めというのは難しいのですが
(バチパターンやイナッコパターンなど)

ここではイナッコパターンで実績の高いルアーを紹介します

【ima】 サスケ SS-95
【SHIMANO】 AGAKE 120F X AR-C
【SHIMANO】サイレントアサシン80S AR-C
【Rapala】カウントダウン CD9


この辺がオズベル的には実績の高いルアーになりますが、
他にもバイブレーションや、シンペンなどのルアーと
組み合わせてローテンションすることで幅広いレンジを
通すことが出来ます。

経験的にはシルエットの小さい(10cm前後)ルアーの
方が涸沼では実績が高い印象です。

攻めるポイントは?

シーバスの場合は具体的に
ここのポイントがお勧め!!
というのは難しいです。

潮の満ち引きや時間帯、時期によって釣れる場所が
変わってきます。

ですので、コツとしては

「とにかくランガンとルアーローテーションで攻める」

ここに尽きると思います。

魚の気配があるところに片っ端からルアーを通してみる
障害物や水草の近くを通してみる
流れの変化があるところと通してみる

色々な変化を見つけて最初は攻めていくしかないと思います。

頑張ってキャストし続けましょう!!

注意点

網掛以外の釣りポイントではキャンプ場などがありますが
利用客がいる場合の立ち入りは止めましょう
釣り禁止の看板が立っているポイントも多々あるので
周囲の状況をよく確認してから立ち入るようにしましょう
涸沼周辺ではアングラーのマナーの悪さから年々釣り禁止
のエリアが増えてきています。

絶対にルールを守って釣りをするようにしてください。

まとめ

・アクセスしやすい涸沼がお勧め
・特に初心者でも入りやすいのは網掛公園
・ロッドはなるべく専用のものを用意する
・リールは3000~4000番
・ルアーは小さいシルエットを使う(10cm前後)
・とにかくランガンで変化のある所を攻めていく
・マナーを守ろう!!

初心者アングラーランキング


群馬県ランキング