群馬(主に東部)の初心者がどこでブラックバスを釣ればいいのか?
オズベルの結論としては 「近藤沼」 ここ一択になります。
今回テーマは タイトル通りですが、
近藤沼で初心者がブラックバスを釣る
をテーマに進めていきます。

①なぜ近藤沼か?

答えは簡単
釣りをする上での大前提が
「狙っている魚がいるところで釣りをする」 からです。
群馬県(東部方面から)はほかにも
メジャーフィールドたくさんあります
・城沼
・榛名湖
・多々良沼
etc

でもこれらのメジャーフィールドって 初心者が狙うには
「フィールドがデカすぎる」
「でかい割に魚のストックが少ない」
↑特にこれ大事!!
「おかっぱりでは攻めにくい」

とオズベル的には思うわけです。

近藤沼の特徴は
・ポイントを歩いて回るのにちょうど良い広さ
・足場の良いポイントが多い
・ブラックバスのストック量が半端ない(サイズは問わず)
↑確実に魚はいるということ
・比較的キャストがしやすい

初心者が釣行しやすいポイントが割と揃っているので
かなり低いハードルで始めることができると思います。
以上の理由からオズベル的に初心者の釣行でおすすめは
「近藤沼」
となります。

②どこにあるの?

ズバリ住所は

群馬県館林市下三林町近藤沼




近藤沼は3つの沼に分かれており、それぞれで釣りをすることが出来ます。


③駐車場は?

上の地図画像右に
「近藤沼公園」
と表記がある北側の左右に公園利用者用の駐車場があるのでそちらを利用しましょう。
航空写真を見ればすぐに分かります。

④タックルは?

あくまでもオズベル的なお勧めという事をお忘れなく
参考にしてください。

■バスロッド
6ft前後のスピニングロッド
ロッドの硬さはM(ミディアム)~UL(ウルトラライト)
この条件に当てはまればぶっちゃけ何でも良いです
※例えばエリアトラウト用のロッドとかでもOK

■リール
DAIWAの場合
1500~2500番のスピニングリール
※メーカーによって大きさが若干異なります
→この辺は自分で検索してみればすぐに違いがわかります

■ライン
フロロカーボンorナイロン
3~6ポンド
細いほど飛距離が出ますが根掛りでルアーをロストしやすい(切れやすい)
この辺は好みで別れてきます
※慣れてくればPEラインとかも全然ありですが、
初心者はラインが絡みやすいのでPEはやめときましょ

参考までにオズベルの近藤沼メインタックルは以下になります

■ロッド
DAIWA ブレイゾン 642ULS
バーサタイルという汎用性モデルになります
自分はこれでエリアトラウトやアジングまでやっちゃいます

バーサタイルの意味は違いますが 笑

価格は大体1万円以下くらいです。
1本3役?ならかなりお得だと思います
かなり気に入って使ってます

■リール
DAIWA 15レブロス 2506
店員に勧められて買ったレブロスですが、こちらも汎用性がめちゃ高い!
ロッド同様にエリアトラウト・アジングに加え、
シーバスやライトショアジギまで使っちゃっています
海釣りで使うには浅溝タイプ(糸巻量が少ない)なのが少し残念ですが
バス釣りには最適です
価格も6千円以下でコスパ最強と思っています

■ライン
シーガー フロロマイスター 320m 3lb
とにかく安い!※大体900円以下で320m!!
値段が高いラインに比べて糸癖が出やすいと個人的には思いますが
このコスパには勝てない!
糸癖も実用性にはさほど影響ないレベルだと思います。

オズベルのメインタックルは釣りを始める時に買ったもので
全部で2万円で揃えました(ロッド・リール・ライン・ルアー)
初めて買ったタックルを現在も現役でしっかり利用してます
(まだ3年ですが)
安いのであれば1万円あればルアー含めて揃いますが、
思い切って背伸びした価格設定をして揃えた方がモチベーションが維持できると思います。

が、1万円以下で全部揃うくらいのタックルでも全く問題なしです

自分のお財布事情で決めましょう。

⑤ルアーは?

オズベル的に大きく分けて2種類あるルアーのうち1種類を使います

ズバリ
ワーム(ソフトルアー)です。

プラグ(ハードルアー)でも釣れますが
なんせお高い(ピンキリですが安いのでも¥1000前後)
初使用一投目で根掛からのロストとか最初は良くあります。。
まじ凹みます。。

よって根掛りによるロストのリスクを考えると比較的安い
ソフトルアーがベストだと思います。

具体的なお勧めワームは
(オズベルが実際に近藤沼で釣ったことのあるワーム)
例:【メーカー名】商品名 ※数字”はインチ(大きさ)

・【O.S.P】HPMINNOW 3.1”
・【O.S.P】HPShadtail2.5"
・【Gary YAMAMOTO】3"GRUB
・【KEITECH】Shad Impact3”

他にもありますが実績の高いワームは以上の4種類になります

共通するのは
・小さいシルエット(3インチ前後)
・派手に動かない
・小魚に近い形

になります。

ストレート系(ミミズみたいなやつ)
で釣ってる人もいますが近藤沼は
超メジャーフィールドです

魚もスレている(警戒している)
ので甘噛みが多くしっかりバイト(ルアーを食ってくる)
してくることは多くないので、長いor大きいルアーでは
針掛かりが悪くミスバイトが増えるとオズベルの経験的には思います。

釣りがうまい人は全然問題ないだろうけど、
少なくても初心者的には難しいと思います。

⑥仕掛けは?


お勧めは
オフセットフックを使った
スプリットショットリグ

になります。

メリットは
・仕掛けを作るのが超簡単
・ノーシンカー(おもりを付けない)よりも飛距離が出る
・オフセットフックで根掛りしにくい

作り方は今後別ページで紹介しようと思いますが

「ブラックバス スプリットショット オフセットフック」

くらいで検索するとたくさん出てくるので参考にして下さい。

リグる(仕掛けを作る)時のコツとしては
・ワームの胴体(尻尾を除いた部分)と同じくらいのサイズのオフセットフックを使う
→買う時に実際にワームをあてがってみるのが一番確実
・ガン玉(おもりの種類の一つ)はなるべく小さいモノを使う
→重すぎるとワームの動きが不自然になる
・フックとガン玉の距離は20cm前後を目安にする
→長すぎると扱いにくく、短すぎると動きが不自然になる

ポイントは
とにかく根掛りのリスクを最小限にすること!
これが一番大事です。

根掛り多いとイライラしてマジで釣りが嫌いになってしまいます。

でもたぶん最初のうちは
根掛り→ロスト→結び直し
のループは避けられないと思いますが

断言できるのは、
「慣れてくれば根掛りは少なくなる!」
これを信じて辛抱してキャストし続けましょう。

⑦どこを攻めるか(キャストするポイント)

以下
オズベルが実際に釣り上げたポイントのMAPです
近藤沼スポット

どのポイントも共通して言えるのは

同じ方向に連続でキャストせずに
扇状にキャストしていく事です

特に釣れやすいのは沖ではなく圧倒的に岸側です
サイズは選べませんが経験上岸側でバイトすることが多いです

とはいえ岸側にばかりキャストすると魚がスレる為、
扇状にキャストすることが大事になります

沖側のポイントは底までルアーを沈めてゆっくり巻いていくイメージ

岸側のポイントは水面より少し下(ルアーが水面に出てしまうのはNG)
を意識して巻いていくイメージが良いと思います
→根掛もしにくい

ポイント別の攻め方は今後別ページで紹介しますが

特に激熱と思えるポイントは

②流れ込み
流れのあるポイントで底から表層までバスが常に回遊しているポイント
オズベル的に一番実績が高いポイントです
沖でも岸でもよく釣れます

③高台
水面からやや高い位置になるので沖側のポイントが狙いやすいです
特に鯉のぼり用のロープが張られている下あたりは実績があります
後は足元の壁側もよく釣れるポイントです(根掛り注意)

⑧~⑪ヘラ台付近
広範囲にヘラ師(ヘラ釣りしている人)の釣り座の為の橋が架かっています
橋脚付近を丁寧にルアーを通すとかなりの確率で釣れてくれます。
ヘラ師の邪魔にならないように距離を取って細心の注意でキャストしましょう。

他のポイントでも釣れるのは大抵岸側です
またはバス釣りの基本ですが、ストラクチャー周り(障害物)です。

近藤沼だと壊れたヘラ台の柱付近とか、沈んでいる木の枝付近
ギリギリが狙い目です(根掛上等位で攻めましょう)

近藤沼はサイズは選べませんが、とにかくバスのストック量は多く
目視でも多数バスが泳いでいるのを見かけることが出来ます。

狙い目を外さずに投げ続ければ必ず釣れてくれると信じて
キャストあるのみです。

⑧注意点

・遊漁券→釣りをしていると管理人が回って来て500円でチケットが買えます。
→専用の窓口はないので、管理人が回ってくるのを待ちましょう
・路上駐車は止めよう
→駐車マナーは超悪いエリアですが、バサーは最低限のルールを守りましょう
・3m位柄が伸びるネットは携帯しておこう
→特にMAP②③は足場が若干高いのでネットがあるとキャッチの確率が上がります
・ヘラ台でキャストする時は足元注意!!
→MAP①エリアや⑤⑥エリアのヘラ台は足が腐っていてぐらついているヘラ台もあります
→ゆっくり体重を乗せて安全を確認しながら利用しましょう
・土日祝はとにかく混雑!!周囲に迷惑かけないように気を付けよう
→混雑するとほかのバサーやヘラ師との距離が近くなります
→無理してキャストするとラインがクロスしたり最悪人に当たることも
→1キャストごとに必ず周囲を見渡すことを忘れずにキャストしよう

⑨まとめ

・近藤沼が初心者にはお勧め
・駐車場も広い
・タックルはスピニングロッド6ft、リール1500~2500番、ラインは3~6ポンド
・ルアーはワームの3インチ前後の小魚系
・仕掛けはオフセットでスプリットショットリグ
・岸側のポイントを中心に攻める
・マナーを守って安全に釣りをしよう

以上がオズベル的に群馬県民の初心者がブラックバスを最短で釣るためのポイントになります。
あくまでも「オズベルの経験的に再現性の高そうな方法を紹介している」ページになります。
サイズも選べません。

他の釣り方ももちろんあります。

くどいですがこのページの趣旨は
群馬県民(主に東部)の釣り初心者がブラックバスを釣るならこの方法が簡単だと思う
を紹介しているページです。

アドバイス等受け付けます(大歓迎)が、釣行はノークレーム自己責任でよろしくお願いします。

群馬南部の初心者にとって少しでも参考になってもらえればと思います。

今後とも当ブログをよろしくお願いします!!


初心者アングラーランキング

群馬県ランキング